top

Welcome to History of Nations! This site has a history of every nation in the world as well as many non-sovereign territories. Each country is covered by a brief essay which gives the highlights of each nation’s history. All information is based on content from the US State Department and other public domain sources with new material added.
Use the Google box below to search this site.

The national histories at this site are divided into six regions. These are:

Africa – This is for the nations of the world which are located in Africa. This includes some of the island nations which lie off of the coast of Africa. It also includes Egypt which also has territory in Asia.

Asia – This is for the nations of the world which are located in Asia. It includes Taiwan even though Taiwan is technically not independent of China.

Europe – This is for the nations of the world located in Europe. It includes Russia which is mostly in Asia but is considered a European nation. It also includes Turkey which is also mostly located in Asia.

North America – This is for the nations of the world located in North America. This includes most of Central America and the island nations of the Caribbean.

Oceania – This is for the nations of the world located in the Pacific which are not considered part of Asia. This includes Australia and New Zealand.

South America – This is for the nations of the world located in South America.

History Posters – History of Nations has partnered with Art.com to offer a selection of history themed posters. This includes African Culture, Asian Culture, Australian and New Zealand Culture and many more.

About History of Nations:

Please note that much of the history data on this site is from public domain text at the United State Department of State Background Notes. This information has been modified (extensively in many cases) to make the information more accurate, reduce pro-American bias, and to keep each national history current. In addition, several other public domain sources have been used with considerable modification for articles as well. Although the text at the State Department site is in the public domain, nothing at this site is in the public domain. The unique changes made to the text is copyrighted and if you reproduce it without permission you may be held legally liable for copyright infringement. If you want to data dump public domain history text, go to the State Department site listed above.

The text of this site did NOT originate at any online user contributed encyclopedia. Many of the articles are similar because many of these user contributed encyclopedias and History of Nations have seeded national histories from the same public domain text. Although many have been confused about this fact, History of Nations is not a mirror of the content of these encyclopedias and does not have to link to these encyclopedia articles and does not have to comply with any licensing requirements.

Would you like to help support this site? If so, buy your book from Cheap Books. A portion of all sales from Amazon that originate from the cheap books site benefits the History of Nations.

早わかり

米国ではHIV感染との生活の約4分の1の人が女性です。

女性のほとんどの新たなHIV感染は異性との接触(84%)からのものです。

HIVと共に生きている女性の推定88%が診断されているが、唯一の32%が制御の下でウイルスに感染しています。

多様な女性のグループの写真2011年の終わりには、米国でHIVと共に生きているすべての人々の23%が女性であった。

女性が他の種族/民族の女性と比較して、不釣り合いにHIVの影響を受け続けます。

HIVに感染しているされているすべての米国の女性は、彼らが必要とする注意を得ているわけではありません。

HIVに感染しているすべての女性のうち、わずか45%が介護に従事していた、とだけ32%がウイルス抑制を達成しました。

このファクトシートでは、女性は13歳以上の女性のように定義されています。**このファクトシートにアフリカ系アメリカ人と呼びます。

新規HIV感染

女性が異性との接触からのものであったこれらの新たな感染(8000)の2010年八十四パーセントで、米国で推定47,500新たなHIV感染の(9500)の20%を占めた。

人種/民族、性別、および伝送のカテゴリー別のグループを比較すると、2010年に米国内のすべての新たなHIV感染の4番目に大きい数(5300)は(バーグラフを参照)異性接点とアフリカ系アメリカ人の女性の間で発生しました。女性の推定新規HIV感染の総数のうち、64%(6100)は、アフリカ系アメリカ人であったが、18%(1700)は白人であったが、15%(1400)は、ヒスパニック/ラテン系の女性でした。

ほとんどの影響を受けた亜集団、2010年の米国における新規HIV感染の推定です。

最もその年に2010年にHIVによって影響を受ける集団を示すグラフは、(MSMと呼ばれる)男性とセックスをする白人男性の間で11,200新たなHIV感染がありました。

HIVとエイズ診断Eおよび死亡

2013年、13歳以上の推定9278人の女性がダウンして2009年の女性の間で10686新しい診断から米国におけるHIV感染の診断(2013年の間にすべての推定診断の20%)を、受け取りました。

女性は2013年に成人と青年の間で推定26680エイズ診断の24%(6424)を占め、2013年の終わりまで流行の始まりから米国で1184618累積エイズ診断の24%(242178)を表します。

これまでにエイズと診断された女性の中では、推定3561は、2012年の間に死亡し、2012年末までに、推定117797は、流行の初めから死亡していました。

なぜ女性は、HIVによって影響を受けますか?

出典:性病検査キットの正確性・・・一部の女性であってもよい、その男性パートナーのリスク要因を認識していない(例えば注射薬の使用、または他の男性とセックスを持つなど)は、HIVのためのコンドームを使用することはできません。

中にHIVを得ることのリスクのようなコンドームやその他の保護なしの膣性交PREPはそれは男性よりも女性のための非常に高い、とコンドームなしで肛門性交またはPREPは、コンドームまたはPREPなしの膣性交よりも女性のためのリスクが高いです。

国の調査に回答した39から20歳の女性の20%以上は、過去年にアナルセックスを報告しました。

女性は彼らのパートナーがそれらを残す、あるいは物理的に、彼らはコンドームの使用について話をしようとした場合、それらを悪用することを恐れるかもしれません。

いくつかの性行為感染症(STD)など淋病や梅毒などは、大きくなったり、HIVを拡散する可能性を高めます。

された女性の性的虐待を受けるには、薬物のためのセックスを交換する複数のパートナーを持つ、またはコンドームを使用するように求められたとき、物理的に虐待され、パートナーとのセックスを持つような性的行動に従事することのない乱用歴のある女性よりも可能性が高いかもしれません。

女性の間でいくつかのHIV感染はに起因する注射薬および他の物質use-直接的(HIVに汚染された薬剤注入装置を共有する)または間接的(薬物やアルコールの影響下にある間、高リスク行動に従事)。

それ以上の数のHIV(有病率)と共に生きる人々のアフリカ系アメリカ人とヒスパニック/ラテン地域社会で、人々が同じ人種/民族のパートナーとのセックスを持っている傾向があるという事実は、これらのコミュニティの女性はとHIV感染のより大きなリスクに直面することを意味それぞれの新しい性的な出会い。

3人の女性の写真そのハイインパクト防止アプローチを通じて、CDCは一番HIVに見舞わ地域で最もそれらの領域内で影響を受けた集団の中で最も費用対効果の高いスケーラブルな介入を特定し、実装するために、米国全体の状態や地域のパートナーと協力しています。

最も必要の地域に資源を向けると、米国の流行に最も大きな影響を与えることになるHIV予防戦略を優先する健康部門に5年間で$ 339百万円(2012年から2016年)の受賞です。

彼らが世話にそれらを、気に保持するか、再係合するようにHIV陽性の人にリンクを支援する保健部門、コミュニティベースの団体、医療機関のスタッフのためのトレーニングや技術支援を提供し、ウイルス抑制を達成するためにそれらを助けるために新たな資金調達。推定年間の資金は$ 26百万になります。

フェーズ行為に対するエイズキャンペーンは、例えば、充電してください。テストを受ける HIV検査を取得するにはアフリカ系アメリカ人の女性を奨励するために、。、と一緒にレッツストップHIV汚名に対処し、意識を高める。

法に対するエイズリーダーシップ・イニシアチブ、CDCと最も困難なHIVやエイズに見舞わ集団を代表する国の市民と社会団体との間のパートナーシップは、これらの集団におけるHIV予防努力を強化します。

HIV感染を防止するために、性的接触する前に膣や肛門も適用することができる殺菌剤、クリームまたはゲルに関する研究です。

予防キャンペーン、より良い監視、さらには米国で母子のHIV感染を減らすために働く教育プログラムです。

法に対するエイズキャンペーンつのテスト。二つの生活は、例えば、産科プロバイダは、患者をテストするために役立つリソースを提供します。

サポートと健康部門やコミュニティベースの組織への技術支援を提供する効果的な行動介入を女性は、成人および13歳以上の青年期の女性のように、このファクトシートで定義されています。

ヒスパニック/ラテン女性はあらゆる競争することができます。

新たなHIV感染は、HIV感染率や、彼らが感染かを認識しているかどうか、新しく、HIVに感染している人の数を参照してください。

持っている、またはHIV感染のためのリスクが高いことが知られている人と異性の接触します。

HIVおよびAIDS診断は、人がHIV感染やエイズと診断された場合を示しているが、人が感染したときを示すものではありません。

トリコモナス症

2002年のSTD治療ガイドラインが発表されて以来、トリコモナス症の診断と治療の選択肢は改善し続けています。

メトロニダゾール(フラニル)に類似したニトロイミダゾールであるチニダゾールは、トリコモナス症治療薬として米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けています。

無作為化比較試験を検討した結果、チニダゾールはメトロニダゾールと同等またはそれ以上であり、推奨メトロニダゾール療法は90〜95%の治癒率を示し、推奨されるチニダゾール療法は86〜100%の治癒率をもたらした。

(表4 1 )。1 、13さらに、それが約2と推定されます。

チニダゾールは、尿生殖器組織へのより高い血清半減期およびより良好な浸透性を有している。

今日、私たちが知っている、エイズは性感染ウイルス性疾患であるだけでなく、血も汚染物質です。10個の質問では、Doctissimoは、HIVやエイズの感染のモードに関するすべてのご質問にお答えします。

1 – どのようにHIVが送信されますか?

エイズ汚染 HIVやエイズウイルスは性的接触を通じて最も一般的に普及しているだけでなく、血流を介して行うことができます。具体的に無防備なセックスを持っているか、感染者の血液と接触していることは非常に危険です。

2 – 危険な性行為は何ですか?

コンドームなしと言うことです任意の無防備な性交は、汚染のリスクをもたらします。射精なしを含むフェラチオもコンドームなしで交換される大人のおもちゃの使用を汚染することができます。唯一の安全な解決策は、コンドームの使用です。キスやマスターベーション:どのようなことは、リスクなしに可能です。

3-危険ですHIV陽性のものを日常のジェスチャーと同居しますか?

HIVに感染した人とバスルーム、シャワーやトイレを共有することで脅威を与えていません。服を交換することは完全に無害です。しかし、私たちはあなたの歯ブラシを共有することはありません!

4 – 病気のベクトルのペットはいますか?

犬や猫を愛撫することは、いかなる場合にはエイズウイルスによる汚染につながることができます。

5私が手を振ると、正を受け入れることはできますか?

もちろん、傷や血液との性的関係や接触外の物理的接触は危険ではありません。それに、キスは偏見との闘いのメディアシンボルの高さです!キスは汚染しません。

6 – 蚊が特定の感染症を担当していますか?

いいえ、蚊がHIVを送信することはありません。

7 – と食品を共有し、それは危険なのですか?

絶対にありません。食べ物は、ウイルスを運ぶことはありません、それは食品の中で生き残ることはできません。任意の恐れなしで調理し、HIV陽性の人と一緒に食べることが自然です。

8 – 私は何を確認する必要があり、タトゥーを得るでしょうか?

入れ墨やピアス時の汚染が可能です。それは簡単です回避するために、タトゥーアーティストは、滅菌使い捨て機器やワークショップの使用は非の打ちどころのない衛生状態に維持されるようになります。唯一の血液との接触を汚染することができます。

9 – プールやビーチで汚染することはできますか?

いいえ、あなたは、汚染のリスクなし、海、川やプールで泳ぐことができ、ウイルスがヒトの血液や分泌物の外に存続しません。

10 – 医薬品:リスクの用途は何ですか?

針交換や藁は特に危険です。すぐに実践によって破損していると、ウイルスを送信するので、出血して使い捨ての注射器を使用し、鼻粘膜を自嘲ためのストローの場合など、そのハードウェアを共有していないことが重要です。